2013年11月19日

皮膚は内臓の鏡

「皮膚に聴くからだとこころ」

出版社:PHP新書
著者:川島眞
価格:760円+税

皮膚に聴く からだとこころ (PHP新書 880)
皮膚に聴く からだとこころ (PHP新書 880)



著者は皮膚科の先生ですが、皮膚にでる症状をホリスティック(全体的)に診ている先生のようです。

知らないことも書いてありとても勉強になりました。例えば

・皮膚は内臓の鏡(悪性腫瘍のサインのケースもあるようです。

・掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)は歯の根っこに膿がたまっている問題の二次的な炎症 ⇒ 実際に当院でも掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)は歯の根っこの細菌感染が原因のことが多いです。

・肝機能が低下するとエストロゲンというホルモンが肝臓で分解されにくくなり、皮膚の血管拡張が起こる(血管腫などできることもあるようです)

・腎臓の病気でも皮膚が黒くなったり発疹ができる。代謝生産物により汗腺や脂線が破壊されるので皮膚が乾燥する

・肺の機能低下で「ばち指(指がバチのように肥大する)」になる

・糖尿病により皮膚にかゆみが起こったり、皮膚が乾燥しやすくなる

・タバコはコラーゲンを減少させる

しかし、残念なところはストロイドを推奨しているところですね。昔の友人が言っていました「ステロイドは絶対使ったらあかんよ」と。その友人はステロイドを減らすたびに入院という状態を繰り返していました。お医者様としてはそれ以外の薬がないですからね。しかも何十年も前からいっしょです。



アトラスオーソゴナル・カイロプラクティックとホリスティックキネシオロジー

大阪府池田市の整体院【関西カイロプラクティック】
大阪市・豊中市・箕面市・伊丹市・川西市・宝塚市からもどうぞ!

阪急宝塚線 池田駅から南へ徒歩3分
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F

電話番号 : 072−752−3702
営業時間 : 9:00〜12:00 14:00〜20:00
定休日  : 水曜・日曜(特定日を除き祝日も営業)
アメブロ : 治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
FACEBOOK : 関西カイロプラクティック
posted by osaru8115 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80961404
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック