2012年01月06日

ゴルフスイングにおいて形よりも身体の動かす順番が重要です@

ゴルフスイングにおいて、グリップ・構えの次に大事なポイントは身体を動かす順番です。

これを間違えるとどんなに良い形に見えても結果がでません。

言葉で説明するのは難しいですが、今回は言葉だけで説明します。

@重心を右足(右股関節)に移す。

A右足を軸に腰を回転させる。

B右肘を曲げながら上半身を捻る。これでトップ完成

C腰を構えの位置に戻しながら、重心を左に移す

D左足を軸に腰を回転させる

E右肘を伸ばしながらインパクト(左肘を曲げる)

F左膝を伸ばしながら腰を回し続け全体重を左にかける。

G左肘を曲げてフィニッシュ


まず一番最初の動きとしては

@重心を右足(右股関節)に移す。

P1020665.jpg

まず最初に回転の軸を作る必要があります。
例えば球を投げるという動きをイメージしてください。手を動かす前に右足に重心を移します。

よくどこからスタートしたらいいのか?というポイントで悩むと思うのですが、結果として正しいのは

◎ 重心を右足(右股関節)に移す

○ クラブヘッド(コック)から・・・クラブヘッドを先に動かすと結果的に重心が右に移りやすくなります。
○ 腰の回転から・・・・結果的に重心が右に移りやすくなります。

△ 右足前までクラブヘッドを真っ直ぐ動かす・・・・重心を右に動かすと結果的にクラブヘッドが真っ直ぐに動きます。手で真っ直ぐ引こうとすると必ず、インサイドに引くことになります。

× 肩の回転から・・・・重心移動が出来ず、手打ちの原因になります。
× 手から・・・・手から動かすとクラブヘッドがインサイドに引かれ重心が逆に左に乗りやすくなります。


コツはおへそとグリップエンドの距離を開けないことです。結果としては肩も回りますが腰の回転につられて回ります。


A以降については後日説明します。




アトラスオーソゴナル・カイロプラクティックとフィシオエナジェティック検査法

大阪府池田市の整体院【関西カイロプラクティック】
大阪市・豊中市・箕面市・伊丹市・川西市・宝塚市からもどうぞ!

阪急宝塚線 池田駅から南へ徒歩3分

電話番号 : 072−752−3702
営業時間 : 9:00〜12:00 14:00〜20:00
定休日  : 水曜・日曜(特定日を除き祝日も営業)


 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52883907
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック