2011年05月03日

上部頚椎とは?A

どのようにして上部頚椎の歪みが病気の原因になることを発見したのでしょうか?

実はカイロプラクティックのスタートは上部頚椎を矯正することから始まったのです。

1895年に米国アイオワ州ダベンポートにおいて、D.D.パーマー(D.D.Palmer:1845〜1913年)が雑役夫のハービー・リラードの上部頚椎を手で押し込んだところ、それまで17年間聞こえなかった彼の耳が突然聞こえるようになりました。このことがきっかけでカイロプラクティックが生まれましたのです。

つまりカイロプラクティックは上部頚椎を治し神経圧迫を取り除くことからはじまったのです。

ギリシャ語でカイロ(CHIRO)は「手」、プラクティコス(PRACTICOS)は「技術」のことを言います。これらを組み合わせた言葉が、カイロプラクティックの語源です。「カイロプラクティック」は当時、D.D.パーマーの友人であったサムエル・ウィード牧師によって1896年1月14日に命名されました。

カイロプラクティックを広めたのがD.D.パーマーの息子B,J,パーマー(B.J.Palmer:1882〜1961年)です。神経エネルギーの流れを正しくするのには、複数の背骨を矯正するのではなく、上部頚椎のたった1箇所を軽い力で矯正するだけでよいと考えました。

脳幹の圧迫を取り除き、骨格の歪みだけではなく自然治癒力を高め病気を治す上部頚椎カイロプラクティックが考案されました。B.J.パーマーは「BJパーマー・カイロプラクティック研究所」を作り、最新の科学技術と優秀な科学者を雇い、カイロプラクティックを科学的に実証していきました。そして生涯、上部頚椎について研究を重ね5000の臨床例をあげ、有効性を実証したのです。

現在のカイロプラクティックは様々なテクニックが加わっていますが、上部頚椎だけを矯正するカイロプラクティックをスペシフィック・カイロプラクティックとかストレート・カイロプラクティックと呼ばれています。

その後も、上部頚椎カイロプラクティックの研究は続けられました。手技ではなくより小さな力でより安全な、器具を使ったテクニックが研究されていきました。そして、現在もっとも安全な、アトラス・オーソゴナル・カイロプラティック・テクニックが米国ジョージア州アトランタのロイ・スウェット博士(Dr.Roy W Sweat)によって1981年に考案されました。

神経の圧迫は上部頚椎部でしか起こりませんから、当然、上部頚椎の矯正しか必要ありません

上部頚椎の重要性についてはこちらでも説明しています。

上部頚椎とは?@


上部頚椎専門カイロプラクティック

大阪府池田市の整体院【関西カイロプラクティック】
大阪市・豊中市・箕面市・伊丹市・川西市・宝塚市からもどうぞ!

阪急宝塚線 池田駅から南へ徒歩3分

電話番号 : 072−752−3702
営業時間 : 9:00〜12:00 14:00〜20:00
定休日  : 水曜・日曜(特定日を除き祝日も営業)

posted by osaru8115 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 上部頚椎とは?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44683265
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック