2011年03月15日

ゴルフとカイロプラクティック@

私は以前ゴルフインストラクターをしていた時期がありました。

ちょっとしたアドバイスでスイングが良くなることもあるのですが、どうしようもないケースもあります。

それは歪みが影響しているケースです。

例えば

・アドレスで左右の腰(骨盤)の高さが違う
・アドレスで左右の重心のアンバランス
・アドレスでの骨盤の角度(重心がかかとやつま先に乗りすぎる)
・肩の高さ
・バックスイングで体重が右足に乗らない
・フィニッシュで重心が左足に乗らない
・肩が回らない

などなど


歪みが関係している場合はどうしようもありません。

根本的には歪みが関係しているのですが、ちょっとした工夫で改善される可能性があります。

例えば体の回転に重要な大腰筋という筋肉があります。

大腰筋が体の回旋において非常に重要な役割を担っています。

大腰筋.gif
(『カパンディ 関節の生理学』より引用)

上記のように右に回旋するときは左の大腰筋が緊張します。右の大腰筋は弛緩します。

右利きの人ではこの動きができないとバックスイングで体重が右に乗らず、腰が引ける状態になってしまいます。

歪みの影響でこの筋肉のコントロールができなくなるケースがあります。

ではどうしたらいいのでしょう?

歪みを矯正するのが一番大事ですが、工夫次第でコントロールできますので、その方法を紹介します。

まずは大腰筋について説明します。

大腰筋は腎臓という臓器と深い関わりがあります。腎臓にとっての栄養源は水・必須脂肪酸です。

必須脂肪酸についてはこちら

腎臓が弱っている時はバックスイングがうまくいかなくなります。そんな時は水を1日2リットルくらいしっかり飲んだり、必須脂肪酸を摂ったりすることがプラスになる可能性があります。

コーヒーなどのカフェイン飲料・アルコール・辛いものなどは腎臓に負担を掛けるので避けましょう。とくにゴルフラウンド時の昼休憩でのカレーには注意しましょう。

その他にできることは腎臓のツボを刺激する方法があります。

腎臓のツボはおへその斜め上3cmくらいのところにあります。お腹の筋肉を緩めた状態で30秒程度、円を描くようにマッサージしてください。

効果があるかもしれません。

是非試してみてください。わーい(嬉しい顔)



ゴルフの上達にもカイロプラクティックがおすすめ

大阪府池田市の整体院【関西カイロプラクティック】
大阪市・豊中市・箕面市・伊丹市・川西市・宝塚市からもどうぞ!

阪急宝塚線 池田駅から南へ徒歩3分

電話番号 : 072−752−3702
営業時間 : 9:00〜12:00 14:00〜20:00
定休日  : 水曜・日曜(特定日を除き祝日も営業)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43839742
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック